So-net無料ブログ作成

au 女子割 / 男子割 / ウェルカム割 の¥3/月回線は、実は¥17/月 もらえる回線。だけど…。 [情報:au]


 auの月額料金を「銀行振込」又は「クレジットカード」で支払う場合、請求書を「WEB de 請求書」に
することが出来ます。この場合、郵送での紙の請求書が不要になるので「¥21」の割引が受けられます。

 2012年12月からの「女子割 / 男子割」や「ウェルカム割」適用回線でプランZのみにし、
通話も通信も全くしないと、ユニバーサルサービス料¥3のみの「¥3/月回線に出来ますが、
ここから「WEB de 請求書」の「-¥21割引となり、支払いが「-¥17」のマイナスとなって、
逆に¥17/月黒字回線になります。(実際はお預かり金。)

 あれ?3-21=18なのでは?ってなりますが、この-¥21(税込)です。
¥20が割引額、消費税が5%¥1の計算です。端末価格や月額が(税込)表示なので、
割引額も(税込)なんです。毎月割も(税込)

 請求額がユニバ料¥3のみなので、消費税は ¥0.15は四捨五入なので¥0になります。
なので割引にも消費税分の¥1が無くて、¥20になります。3-20=17 のナゾ解明。

 
au_3en.gif

 


・ずぅーと、このまま寝かせる場合は毎月¥17づつ、2年間貯金されていきますが、
 途中でmnp転出する場合には、注意が必要です。

・auの場合、「3ヶ月以上経過」で「短期解約にならずに」mnp転出 or 解約ができると言われていますが、
 おそらくこのカウントは、「支払い実績 3ヶ月以上」と思われます。
 理由は、以前記事にしましたが「 docomoがそうだから(:記事) 」。


 ①docomoの場合、WEB明細の「eビリング」を外せば「¥3」のみの「支払い実績回線」に出来ますが、
 ②auの場合、WEB明細を外すと、 紙の請求書代として「¥52」掛かってしまいます。
 たかだか請求書に¥52掛けるのはちょっと勿体無い。

 

・ということで、ここは「ダブル定額スーパーライト ¥390」に加入をオススメします。理由は、
 ①月額料金が¥390+3-20=「¥373」となり、支払い実績回線にできる。
 ②機種変で条件に「フラット定額」がある場合「翌月適用」にせざるを得ない。

 特に、②の場合でメリットを発揮できます。
 とりあえず機種変時は翌月適用にして契約して、あとでショップなどで「キャンセル」すれば
 翌月の「フラット定額を回避」出来るからです。条件違反じゃんー! 善良な方はフラットしてあげて下さい。

 

・案件発見後に「ダブル定額スーパーライト」を付けて機種変契約に挑むということも出来ますが、
 auの1日1オーダー制により、同日、機種変契約時に「強制オーダー」が発生するので、
 お店側に怪しまれること避けられません。

  ※「ダブル定額スーパーライト」は、ISnet/EZweb未契約でも加入できます。

 

   ・「 U-25 au スマホ割 」により、over25にとっては、機種変案件発見が厳しい現状ですが、
    安全パイを張っておくということでこの提案、いかがでしょう。

   ・あと、 ROM機⇔IC機持ち込み機種変(sim入れ・出し)したけど、
    女子割/男子割は消滅しませんでした。

au_3en2-1.gif

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

最新記事をtwitterでお知らせ♪フォローミー♪


amazon

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。